PRODUCT 製品紹介

加圧雰囲気焼結炉(FVPS シリーズ)

電気をエネルギー源とした工業加熱装置です。
溶解、焼結、焼成、ホットプレスなど、様々な業種で必要とされる熱加工方法に対応できます。
特に金属溶解、ファインセラミックスの焼成、石英の熱処理には豊富な実績があります。

設計、製作、据付、調整・試運転、メンテナンスまでを、自社で一貫して責任をもって行います。

FVPS 加圧雰囲気焼結炉

主な特徴

高圧の雰囲気中で高温加熱します。蒸気圧の高い材料をより高温で焼結でき、高純度で緻密な製品が得られます。

  • 誘導加熱方式と黒鉛ヒーターによる抵抗加熱方式があります。
  • 雰囲気の種類:窒素、アルゴン、水素 等
  • 雰囲気圧力 10気圧
    100気圧炉の製作実績もあります。(但し、その他の加熱条件によります。)

導入例

石英の熱処理、超硬の焼結、粉末冶金

仕様例

FVPS-R 抵抗加熱式、FVPS-I 誘導加熱式

  FVPS-R-600/900
FRET-225
FVPS-I-500/750
FRET-250
FVPS-R-420/1600
FRET-50
炉内有効寸法 φ600×900H φ500×750H φ420×1600L
温度 MAX 2300℃
NOR 2000℃
MAX 2300℃
NOR 2200℃
MAX 2500℃
NOR 2200℃
均熱 ±10℃ ±10℃ ±15℃
到達真空度 1×10-3 Pa 1×10-1 Pa 6.65×10-1 Pa
加熱出力 225kW 250kW 50kW
雰囲気圧力 0.98MPa 0.98MPa 0.98MPa
雰囲気 N2, Ar N2 H2
加熱方式 抵抗加熱 誘導加熱 抵抗加熱
タンク形状 縦丸型 縦丸型 横丸型
  • 加圧雰囲気焼結炉(FVPS シリーズ)

一覧に戻る